経理の本質をつむぎだすベストパフォーマンスの本  ← 本日のピックアップ書評

 「社長になる人のための」シリーズの出発点であり、もっとも重要な核。損益計算書、貸借対照表からはじまり、利益処分案、運転資金、コストとしての税金、財務諸表による他社との比較、そして、財務会計に対しての管理会計と、順序よく丁寧に説明されています。  研修会の講義形式をとって、用語の説明も的確にやさしく行われているので、エントリー書としては最適でしょう。  文庫本なのでコストパフォーマンスに優れており、損はしません。  経理の知識は、投資にも大変に役立つので重宝します。

この書評の本のジャンルの 会計 のベスト書評を見る

このコーナーについて

私は最近は本を買うのにもっぱらamazonを利用しています。
その時に参考にするのが一般の人が書いた「書評」です。
書評も書く人によってクセがありますが、amazonのいいところは、「その書評を支持するかどうか」というボタンがあり、偏見の強いものや関係者と思われる宣伝文句は自然とはじかれる仕組みになっているところです。
つまりホンネの書評が支持される仕組みがあるのです。(もちろんこの仕組みも完璧ではありませんが、経験上はかなり参考になります。) ところが、amazonサイトでは、著者などに気を遣っているのか、この「もっとも支持を集めている書評」にたどり着くまで、結構面倒なのです。

というわけで、ここはamazonのサイトで、ある本について「最も支持されている書評」を紹介しています。

分野、キーワード毎にまとめてあります。1日に数回更新しています。
ベストセラーであっても辛辣な書評が支持を得ていたり、全体のお勧め度は低くても、思い入れのある書評が支持を得ていたり、書籍を買う前の参考になると思います。

公認会計士以外のジャンルもやってみました。こんなジャンルのBEST書評も読みたい!という方は、メールにてご連絡を。


Spoks Logトップページ
姉妹サイト:CPA-LAB公認会計士試験合格体験記集


この書評紹介コーナーは、CakePHPでつくられています。