このページは、本を買う前にこの書評を読め! のコンテンツを利用して、CakePHPのPaginator(自動ページング機能)を試したものです。実際に下の方のコンテンツが切り替わります。
関連記事:CPA-LABテクニカル    CakePHP1.2をSQLiteで動かす
デザインがしょぼいのは私のせいであって、CakePHPのせいではありません。皆さんがデザインしたらきっとcoolなページングになるのでしょう。

CakePHP version 1.2.0.6311 beta, SQLite 3
本稼働の様子は、本を買う前にこの書評を読め!のお好きな本の「この本の書評をもっと読む。」をクリックするとみることができます。
出力結果(result) コード(code)
1. まずは、bekeで出力されるデフォル ト

<< previous
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | next >>
<?php
echo $paginator->prev('<< '.__('previous', true), array(), null, array
('class'=>'disabled' )).
' | '.
$paginator->numbers().
' | '.
$paginator->next(__('next', true).' >>', array(), null, array
('class'=>'disabled' ));
?>
2. 数字のみ。セパレータはデフォルトのま ま。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
<?php
echo $paginator->numbers();
?>
3. 一番簡単。任せっきりバージョン。(true指定 を忘れずに)

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | last
<?php
echo $paginator->numbers(true);
?>
4. 一番簡単に日本語化。
ついでに、表示 ページカラム数も変更。
aタグの疑似クラスも指定してみた。
(このnubers関数単体 では最初と最後は、
option指定ができない。
たぶんバグ。
でも、fisrst,last関 数使えば大丈夫。)

 12345678910111213 最後
<?php
$options = array(
'before' => ' ',
'after'=>' ',
'modulus'=>12,
'first'=>'最初',
'last'=>'最後',
'separator'=>'・',
'class'=>'paging_inner'
);
echo $paginator->numbers($options);
?>
5. このパターンが一番きれいに思いますが、ど うでしょうか。

最初
 12345678910111213 次 >> 最後
<?php
$options = array(
'before' => ' ',
'after'=>' ',
'modulus'=>12,
'first'=>'',
'last'=>'',
'separator'=>'・',
'class'=>'paging_inner'
);
echo $paginator->first('最初',array('after'=>' ','class'=>'paging_inner' )).
$paginator->prev('<< '.__('前', true), array('class'=>'paging_inner' ), '最初',
array('class'=>'disabled' )).
$paginator->numbers($options).
$paginator->next(__('次', true).' >>', array('class'=>'paging_inner' ), '最後',
array('class'=>'disabled' )).
$paginator->last('最後',array('before'=>' ','class'=>'paging_inner' ) );
?>
6. 私のお気に入りパターンですが、、、
バ グがあります。修正は結構面倒なので、
今後の開発を待ちましょう。
this case is becouse of cakephp's bug.

123456789...11 | 12 | 13 | 14
<?php
$options = array(
'before' => '',
'after'=>'',
'modulus'=>8,
'first'=>4,
'last'=>4,
'separator'=>'・',
);
echo $paginator->numbers($options);
?>
7. sort関数は、「今の並び順とは逆並び」の関 数です。
いつも同じ方向に指定したい場合は、
link関数を使いましょう。
デフォ ルトasc(昇順)

<?php
echo $paginator->sort('支持率でソート','sijiritu',array
( 'direction'=>'desc' ) );
?>
8. いつも同じ方向のソートはlinkにて。
で も、コントローラーで、paginatorに渡す
optionで、orderを指定していると、
無理矢 理その並びにさせられます。
optionをnullにすることで、
希望の操作ができるでしょう (たぶん)。

<?php
echo $paginator->link('支持率でソート(大きい順)',array
( 'direction'=>'desc','sort'=>'sijiritu' ) ) ;
?>
9. 現在のソートのキーと方向を返します。
(ソートのキーは、並び替えを一度はしないと
値が返りません。)

  asc
<?php
echo
$paginator->sortKey().'  '. $paginator->sortDir();
?>
10. 現在のページを返します。

1
<?php
echo
$paginator->current( );
?>

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉の書評

1どっちゅうことない  48 point獲得のBEST書評  支持率 51.64 %

「食い逃げされてもバイトは雇うな」のコピーに「おお!」と反応してしまったのですが…。 ま、こういう本が売れる理由が書かれた本である、ということです。 そういう意味ではねらい通りですね。


このレビュアーはお薦め度を2としています。

2タイトル、帯の意味を理解できない方にオススメ!  38 point獲得のBEST書評  支持率 62.34 %

 山田真哉さんの著作は、『さおだけ屋〜』は買ったがさっと読んで妻にあげたので、今回は少し真剣に読みました。 山田さんも「1時間で読めて効果の高い本」を目指しただけあって、読みやすく、私もバスの車中でほぼ1時間で読み終えました。  正直『さおだけ屋〜』よりもやさしい印象です。これは、数字への理解を深める部分から、ビジネスの数字への理解、会計の数字をどう理解するか、決算書の読み方と、徐々に難易度を上………メします。特に1番目と4番目に該当する方は、イントロダクションと第一章、第二章を、著者のいう1時間にとらわれずに、じっくり読まれたら、かなり効果的だと思います。


このレビュアーはお薦め度を4としています。

3専門用語など使われておらず、1時間程度で楽しく読めます。  37 point獲得のBEST書評  支持率 64.94 %

 まず、あとがき(下巻も出るのでなかがき)に 1時間で読める作品を目指したとあります。難しい用語や、会計の専門用語などは出ておりませんので、本当に1時間程度で読めます。  前作「さおだけ屋」のように目から鱗が落ちる内容は残念ながら見当たりませんでしたが、なるほどと途中思える数字の魔力についてのお話が多分にありました。このストーリが (下)巻でどのように展開していくのか楽しみです。


このレビュアーはお薦め度を4としています。

4おもしろい  34 point獲得のBEST書評  支持率 60.74 %

山田真哉氏の光文社新書第2弾は、山田氏本人が言っているように、サラッと数時間で読めてしまえますが、じっくり読めば滋養が詰まっているなと感じます。 山田氏の論は平易ながら、きっちり、しっかりしていて、この人は本当に数字の大事なところの「エッセンス」を伝えてくれているのだと感心します。 例えば、物事を考えたり、難しい会計の教科書に取り組む前に、「ところで、会計って何? 数字って何で大切なの?」という………本質を捉えていると思います。 なるほど、こういう合理的(?)な考え方で世の中を見ると、違う世界が開けます。 上下巻の、下巻がどんなものになるのか、楽しみです。


このレビュアーはお薦め度を5としています。

5なるほどとは思うけど  34 point獲得のBEST書評  支持率 73.94 %

1時間で読めるというだけあって、確かにさらっと読める。でも、それほど読んで、得した気もしない。なるほどとは思うけど、でも、そんなこと当然だと思うようなことも多くて。 上巻だから、下巻のほうで、もっと面白くなるのかな?と期待しつつ・・ わざわざ、買ってまで読むほどじゃないな、というのが正直な感想。


このレビュアーはお薦め度を2としています。

6読み応えはありませんでした。  29 point獲得のBEST書評  支持率 90.64 %

確かに、ゆっくり読んでも2時間ほどで読み終わりました。 が、あまり内容が無いように感じてしまいました。 読者に対して中身を伝えるのではなく、売れる本を書いた、 という印象が払拭できませんでした。 通勤時間の暇を潰すにはいいかもしれません。


このレビュアーはお薦め度を2としています。

7読みやすいですが・・・  27 point獲得のBEST書評  支持率 61.44 %

ベストセラーになった「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者が書いた、会 計をやさしく説明する本の第二弾ということです。 1時間程で読み終わった(もともとこの本の狙いがそれ位で読み終わるのよう にしている)のですが、読後感は、う〜ん、内容が薄い。 「さおだけ」の方は、読んで変わった発想が楽しめたのですが、本書はそういう 驚きは無く、到って平凡。まあ、もともと「さおだけ」の内容が難しいと思………は買いましたが、これから買おうかと思っている方は、とりあえず買う前に 本屋で内容をざっと見てからにした方が良いと思います(特に「さおだけ」を読 んでいる方は)。


このレビュアーはお薦め度を2としています。

8全く畑違いの人間にも面白い  26 point獲得のBEST書評  支持率 43.34 %

まずタイトルが素人にも入りやすくてよかったです。このタイトル著者が考えてるんですかね?こういった金融、経済関係の本は売れようと思うなら結局その分野に興味のある人以外を引っ張っていく必要があると思うのですが、それにはやはり、入りやすいタイトル、装丁が重要な位置を占めると思います。「さおだけ屋〜」もベストセラーで誰しもが知っているとは思いますが、本書も「どんなことが書いてあるんだろう?」と単純に興味を………なぁという人にはお勧めです。私も活字は苦手だけど少しは勉強したいと思っている同居人に勧めてみようと思ってます。 下巻に期待する意味で☆1つマイナスにしました。


このレビュアーはお薦め度を4としています。

9本書のねらいは  26 point獲得のBEST書評  支持率 76.54 %

広めの行間、大きい文字による無理矢理2巻構成(現在上巻のみ)で 書かれた内容は、雑学の本かと思うほど内容が薄く、さおだけ以降 タイトル勝負の新書が続く中、著者自身による2匹目のドジョウ本と 言われてもしょうがないほど突っ込みどころ満載の出来。 序盤から色々な数字に関心されていますが、例えばパレートの法則 一つとっても、全てが2:8で分かれる、なんて誰も本気で思って いない訳で。単なる数字パズルの解説にとどまり、ここから会計に 話を発展させるなんて、いくら何でも無理がありすぎる。 正直ブログかなんかでひっそりとやって欲しい。人に買わせるなんて失礼かと。


このレビュアーはお薦め度を1としています。

10本当に1時間で数字が「うまく」なった!  25 point獲得のBEST書評  支持率 55.64 %

さおだけ本で一大会計ブームを巻き起こした、 山田真哉さんの最新作。 コピーにあるように、本当に通勤電車の往復で読了でき、 数字や会計への苦手意識がだいぶ無くなりました。 ありがとうございます! この本に感謝。 山田氏の「数字のセンス」に脱帽。 私なんか、『ゲド戦記』を観て、 「あぁ、つまらなかった」と思っただけでしたが、 数字のセンスを持っている山田氏の見方はまるで違う・・・。 数字がうまくなれば、世の中の見方が180度変わるよい例です。


このレビュアーはお薦め度を5としています。